そよ風のつぶやき

貴方のお悩み事や知りたいことを解決に導くまで徹底的に解説いたします!

お彼岸っていつすればいいの?秋分の日が良いってホント?

日本人にとって大切な行事といえばお彼岸ですよね。

お彼岸は日本に古くから伝わる伝統行事であり、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えます。

しかし、お彼岸は一体いつやればいいのか実はよくわかりませんよね。

 

お彼岸は秋分の日が良いと聞いたことがあるかもしれませんが、これって本当なのでし

ょうか?

ここではそんなお彼岸について解説をしていきたいと思います。

 

お彼岸はいつするのが正解?またお彼岸の時期の理由について解説!

 

お彼岸ですが、一体いつすればいいのでしょうか?

秋分の日が良いというのは本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、お彼岸は秋分の日と春分の日を中日として、前後3日の間で行うのが

良いとされています。

正確に言えば、お彼岸は秋分の日と春分の日の前後でやるという感じですね。

 

秋分の日のお彼岸は秋のお彼岸と呼ばれます。

秋分の日は毎年変わるのですが、2021年は9月23日です。

なのでその前後3日間ということで9月20日から26日の間にお彼岸の時期となります。

 

ちなみに2021年の春のお彼岸はもうすでに過ぎており、春分の日は3月20日でした。

3月17日から23日までの間がお彼岸の時期ということになります。

 

どうしてお彼岸がこの時期になったかということ、仏教の考え方に秘密があります。

春分の日秋分の日は昼と夜の長さが同じです。

太陽は真東から登って、真西に沈んでいきます。

 

この真西という方角ですが、この方角の先に仏教では極楽浄土があると考えられていま

す。

ご先祖様が暮らしている極楽浄土への道筋がわかりやすく、春分の日秋分の日にお墓

参りをすると良いとされています。

 

お彼岸では一体何をすればいいの?やることを解説!

 

お彼岸には、実際どのようなことをやれば良いのでしょうか?

続けて解説をしていきます。

 

・ご先祖様への挨拶

 

まずお墓参りではご先祖さまへの挨拶をするようにしましょう。

日頃からの感謝を込めて挨拶とお参りをするようにします。

お墓参りでの作法は特別に決まっておりません。

 

ただやはり気持ちが大切ですのでしっかりと手を合わせて、心を込めてお参りをするようにしてくださいね。

 

・お墓の掃除

 

続いてご先祖様のお墓の掃除をするようにしましょう。

ご先祖様への感謝の気持ちを込めて、お墓を掃除することでより気持ちが伝わります。

仏壇の掃除の場合は、埃などを払って、柔らかい布で仏具を綺麗にしてあげましょう。

 

お墓の掃除の場合は、墓石を綺麗に磨くほか、周囲の草むしりなども合わせて行えば、

お墓をきれいに保つことができます。

 

お寺や霊園では、掃除に使うほうきや柄杓、桶を貸し出していることが多いです。

それらを使って、しっかりとお墓の掃除をしてあげてください。

 

・御供物をする

 

お墓参りをする際にはしっかり御供物をするようにしましょう。

一般的には、秋のお彼岸にはおはぎ、春のお彼岸にはぼた餅と言われています。

 

実はこのおはぎとぼた餅ですが、言い方が違うだけで中身はほとんど同じです。

正確にはおはぎの方が小降りで、餅米やうるち米の違いなどがあるのですが、それはそ

こまで気にしなくて良いです。

時期によって言い方が違うといった程度で覚えておきましょう。

 

仏壇に備える場合は、そのままお供えをして、御供物が腐らないうちに食べるようにし

ましょう。

 

お墓に備える場合は、そのまま残しておくと、腐ったり鳥が寄ってきたりと迷惑がかか

ってしまいます。

ですので御供物と言っても、軽く供えたらしっかり持ち帰るようにしてください。

 

またお彼岸の定番として菊の花を備えることも多いです。

 

花の場合はお供えをしたら、管理人さんに回収を依頼しておけば良いでしょう。

もしそれが無理でしたら、軽く備えた後で持ち帰るようにしてください。

 

まとめ

 

このようにお彼岸が秋分の日、春分の日の前後3日の間で行われます。

そして、その時期に定められているのは、仏教的な理由があります。

 

お彼岸でお墓参りをする際には、しっかり心を込めてお墓参りをするようにしましょう。

そして、ご先祖様との絆をいつまでも大切にしてください。