そよ風のつぶやき

貴方のお悩み事や知りたいことを解決に導くまで徹底的に解説いたします!

「山の日」とはいつ?一番最近制定された祝日!

国民の祝日の一つに「山の日」という祝日がある事をご存じですか?
「山の日」の日付は8月11日で、2016年(平成28年)1月1日施行の改正祝日法で新設された比較的新しい祝日です。

 

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という意義が込められて制定された祝日でもあります。

 

「山の日」は祝日ですが、本来祝日の日付は余程の理由がなければ変わりません。
しかし、この「山の日」は、元号が令和に変わってから目まぐるしく日付が変わっています。
一体なぜこのような事が起きているのでしょうか。

 

「山の日」の日付が変わる理由とは?


山の日の日付が変更される理由となったのは東京五輪開催によるものです。
開催年のはずであった2020年(令和2年)は、東京五輪閉会式の翌日である8月10日に変更されました。


その後、東京五輪の開催が延期となったものの、日付は変わる事なく8月10日に据え置きされたままでした。

 

延期となった2021年(令和3年)は8月9日を予定していました。
ですが、同日は長崎に原爆が投下された日でもあります。


その日を祝日にするのは好ましくないという意見が挙がり、閉会式当日の8月8日になったという経緯があり、「山の日」は東京五輪の開催に翻弄された祝日なのです。

 

ちなみに「山の日」は、制定する時も騒がれた祝日でもあります。
当初、6月中や「海の日」の翌日、お盆の前等の意見がありました。
中でもお盆休みを連続させやすいという理由から、8月12日が有力視されていました。

 

しかし、同日は1985年(昭和60年)の日本航空123便墜落事故と重なる日でした。
さらに墜落場所が御巣鷹山であった為、「山の日」には相応しくないと反対意見が挙がりました。


その結果、現在の8月11日に決定したのです。

 

様々なイベントめじろ押し!中にはユニークなイベントも!


制定時や制定前には慌ただしい動きのあった「山の日」ですが、制定後には山に関する様々なイベントが開催されています。


北海道札幌市大倉山では展望台リフトが通常営業時は18時までのところ21時まで営業時間を延長し、札幌の夏夜景を楽しむ事が出来ました。


長野県では、ロープウェイ山頂駅の標高2612mにちなみ、2612番目のお客様にアニマルTシャツがプレゼントされていました。


山の日のイベント開催は山深い地域だけではありません。

東京都でも、高尾山にて木製キーホルダー作りや竹製水鉄砲を使っての射的等が開催されています。


他にも登山コースの説明や高尾山に生息する昆虫の展示、説明も開催されていました。

「山の日」のイベントは、地域だけにとどまらず飲食業界にも見られました。


きのこの山」のお菓子で有名な明治は、東京・新宿ステーションで「ヤッホー」と叫ぶと、声の大きさに準じてきのこの山をプレゼントするイベントを開催していました。

 

また、モスバーガーでは8月中の土日祝限定で、「フレンチフライポテトS」を購入すると1.5倍に増量された通常のSサイズの包装袋ではなく、大きく「山」とプリントされた包装袋の「山ポテト」なる商品が提供されていました。


いずれも2019年(令和元年)以前のイベントですが、今後も様々なイベントが企画、開催されていくかもしれません。

 

私たちが住む日本は、国の半分以上が山で形成されています。
昔から山は信仰の対象にもなっていました。


近年においては、登山をはじめウィンタースポーツやキャンプ等幅広い年齢層が楽しむ事が出来ます。

 

皆が気持ちよくレジャーを楽しむ為にも、ごみの持ち帰りや決められているルールを守っていきましょう。


また、登頂記念といって植物や石の持ち帰りをする事もマナー違反ですので、お互い気持ちよく利用して「山の日」の意義に沿って山に親しみ、山の恩恵に感謝していきたいですね。